日別アーカイブ: 2016年8月22日

台風

こんにちは。
堂薗です。

関東への台風直撃予報で
午前中のお仕事が順延となり、
午後も予定変更をお願いして、
予定の変わった家族のお守りデーとなりました。

お天気で交通がマヒしたり、
思わぬ事故に巻き込まれたり、
その後の仕事に支障が出たり。
参加者の方たちのリスクを考えたら、
やっぱり順延で正解だったな、
ご判断なさったクライアントは素晴らしいな
と思っているところです。

会社員時代は、
天気が悪くなるたびに
会社に来れなくなるメンバーにイライラしたり、
「メンバーをなるだけ早く帰宅させよ」
「帰宅させられたか確認せよ」
という本部からの連絡にも
「うるせーなー」と思ったりしてたもんです。

すごい台風が来た日に
自宅が同じ方向の先輩と
風にあおられながらタクシーを拾う姿が
NHKのニュースに流れたことがあったんですが、
にやにやして、キャーキャー騒いで
不謹慎この上ないことでした。
恥ずかしい…
会社の人たちも恥ずかしかったことでしょう…

「守ってもらってる」ってすごいこと。
ありがたいことです。
何かがあったときに、
メンバーの安否を真っ先に確認する、
って習慣を教えてくれたのは会社でしたもんね。

数年前、東京には台風、
関西地方は無風という日曜日がありました。
ダンナが次の日に納品があるとのことで
大雨の中を「なんとしてでも前日に到着しないと」と
関西に出かけて行ったのを思い出します。
タクシーも拾えなくて
電車も大幅に遅延していて
すごく苦労してずぶぬれで
新幹線に乗ったそう。
でも次の日、何事もなかったように
納品できた話を聞いて
「何事もないのが当たり前」の難しさを
痛感させられたのでした。

独立して改めて
会社が大切にしてくれたことを感じる。
自立して初めて
親が全力で守ってくれたことを知る。

みたいな感じでしょうか。

台風の中、そんなこと、考えたりしてました。