日別アーカイブ: 2014年12月2日

「レリゴー♪」に思うこと

こんにちは。
堂薗です。

今日は自宅で仕事する日だったのですが、
頭が痛んできて、午後、少し横になったら
すごい怖い夢を見てしまいました。
寝たんかい?って話ですね(笑)
ほんの10分くらいだったんですけど。

大阪で、講演をすることになっている夢で
ことごとく何もかも間に合わない夢でした。
受講者の方たちに土下座して謝ってるリアルさ。
損害賠償まで求められてしまう壮絶さで
起きたらもっと頭痛がひどくなってました(笑)

自分で仕事をするようになって
この類の夢をみたりすること増えました。

私にとってビジネスとは何か、
いつも考えるようになったような。

私は先人の教え、これまでの経験から
「価値を対価に換えること」
と思っています。
そして価値とは、
「他」からの評価に他ならない。

「人がどう思おうといいじゃない」
「私らしくしていればいい」
って志向がありますが
私がこれを思うときは大体「言い訳」です。
うまくいかなかったときに使ってる気がする。

「レリゴ~♪」って歌詞は
英語版と日本版で意味のニュアンスが大きく違うそうですね。
日本版はやはり「自己肯定感」に溢れている気がします。
最近の歌は、こういうタイプの歌詞が人気ありますよね。

でも・・・やっぱり。
人は「他」との関係、「他」からの評価の中で生きている。
「ありのまま」じゃ生きられない。
強くなりたい!と思わなくちゃ生きられない、
と私は思うんです。

昭和っぽいかもしれないけど
こどもたちが「リレゴ~♪」と歌うと
ちょっと遠い気持ちになる。
あなたのそのままも好きだけれど
頑張って失敗して涙ぐむあなたの顔が大好きだよ、と
言いたくなったりして。

こどもの鼻歌を聞きながら
怖い夢を反芻しながら
「いつまで経っても
 自己肯定できる日なんて来ない。
 でも、それでいいんじゃ?」
みたいなことを考えた夕方でした。

なんか思考がぐちゃぐちゃ。
疲れてるんのかなぁ(笑)

★☆ お知らせ ☆★

「元リクルート最強の母の仕事も家庭も100%の働き方」
発売中です!

Amazon
楽天ブックス
紀伊国屋書店ウェブ
丸善ジュンク堂オンラインストア
hontoネットストア

お手に取っていただけましたら幸いです。
ご感想など、お聞かせください。

☆お問い合わせ・コメントはこちらからお願いします☆
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
contact