日別アーカイブ: 2015年3月10日

後輩育成こそ、ラク~に♪

こんにちは。
堂薗です。

本日、東洋経済オンラインに
新しい記事がアップされています。

その「後輩教育」、やり方が間違っています!

一生懸命書きましたが、
今回はランクインも数回に留まり…。

編集者の方は面白がってくださっていたので
まあいいことにしましょう。

もうすぐ4月になりますから
後輩育成ミッションを持つ方、
または、ずばりの「後輩」になる方、
色々な人間関係が始まりますね~。

本文にも書いたのですが、
人の育成、というテーマになると
女性の方がのめりこむ傾向がある気がします。
「吉」と出れば、
最高の師弟関係も築けるし
ちゃんとバトンを受け継ぐ感じも生まれるけれど
そうはうまくいかないもの。

人の育成なんて、
そんなに簡単なものじゃありませんもんね。
自分のこどもだってうまくいかないのに(笑)

相対的な話ではありますが、
私は女性は「わける」ということが苦手だと思います。
男性の方が断然得意。

戦略議論などをしているときも
いくつかの課題をまとめてしまっている自分に
なかなか気づかない女性も多いように思います。
私もよく叱られたクチだけど、
コンサルファームにいた尊敬する先輩に
いつもいつも、
「わければ、わかる」
と言われていたんです。

これも私にとっては呪文だなぁ。
接続詞をなるだけ使わずに
短文を作っていくように
事実を1つ1つ並べていく。
この訓練は、ビジネス上、とても重要ではないかと思います。

わけるのが苦手な女性は、
「その人そのもの」を育てようとしてしまう。
自分に求められた範疇を超えちゃうんですね。
そして「愛」を確認しようとする。

もっともっと、シンプルに
技術を移植する、と考えた方が
楽になると私は思います。

「愛」を返されないと悶々とするなんて
ばかばかしいですもん。
そこは求めない。
必要な技術、あるいはゴールを定めて
そこだけに集中する。

それが大事な気がします。

そうは割り切れないのが人間だけれど。

「うまくいかない」
と悩んで立ち止まるより、
「どうしたらうまくいくか」
って考えた方が建設的ですし。

数々の失敗を繰り返してきたサラリーマン時代。
そんな体験で
どなたかの肩の力がふっと抜けたら
こんなに嬉しいことはありません。

それにしても尽きぬエピソード。

21年の間にどんだけ失敗してんだ、あたし(笑)

☆お問い合わせ・コメントはこちらからお願いします☆
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
contact