カテゴリー別アーカイブ: 私が受けたシツケ

派遣法改正議論を見ていて

こんにちは。
堂薗です。

私は2002年くらいから2010年くらいまで
何らかの形で
「派遣」雇用に関わる仕事をしていました。

派遣会社がクライアントで
派遣スタッフになろうかなと思う人がカスタマ。
その事業の責任者をやっていたことが3年弱。

派遣法の改正は
いつもいつも議論され制定され、
また改正議論があり、の繰り返し、です。

それに振り回されて走り回ることも多かったし
それによって派遣会社の業績が落ちて
事業も一緒に影響を受ける、ということも多かったです。

派遣が不安定だということ、よくわかる。
派遣から抜け出すのが難しいことも
とてもよくわかる。

一度、自分たちの事業のカスタマは
本当はどんな風に思っているんだろうって
割と大々的に調査をしたことがありました。

そうしたら・・・
すごく幸せに働いている人たちもいっぱいいたんです。
家庭とのバランスを保つために、
という人もいました。
でも、好きなことや勉強したいことに
時間を使いたいから
自分で時間をコントロールしたい
という人が多かったかなぁ。

インタビューにうかがうと
仕事の顔と、プライベートの顔と
両方持ってらして
目標もあって素敵な方ばかりでした。
「派遣」という働き方に
プロとして誇りを持ってらっしゃる方もたくさん。
インタビュー集にして
ネット申し込みでの無料配本しました。

「本当の苦しさがわかってない!」
と叱られるかもしれませんが、
ある一面だけからだけではなく
別の一面も知る機会があるといいのになと
報道を見ていると思ってしまいます。
みんな同じモノを見て同じように
「おかしい!」と言っているだけでは
働く社会の多様化なんて実現しないんじゃ?と。

生意気でしょうか。

「ゆるい就職」も話題になってますね。
今日の新聞には
「地銀行員、配偶者が転勤で
 転居先の地銀に再就職」
の子育て支援策が一面でした。

どんどん新しい働き方が提示される。

どんな働き方が正解か。
「損、得」じゃないですからねぇ。

結局は、「自分で考え、自分で決める」ということの大切さ、
そのためにも多面的にモノを見れるようになることの大切さ、
そんなことを考えながら
報道を眺めています。

どうなっていくか見守りたいです。

★☆ お知らせ ☆★

「元リクルート最強の母の仕事も家庭も100%の働き方」
発売中です。
※ただいま、Amazonでは入荷準備中のようです

Amazon
楽天ブックス
紀伊国屋書店ウェブ
丸善ジュンク堂オンラインストア
hontoネットストア

お手に取っていただけましたら幸いです。
ご感想など、お聞かせください。

☆お問い合わせ・コメントはこちらからお願いします☆
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
contact

部下からの三行半

こんにちは。
堂薗です。

昨日の東洋経済の記事に絡んで
上司の話が2回も続いてしまいました。
それも苦手な上司(笑)

最後までどうしても・・・な上司は
ひとりだけ、でした。

いつか、笑って飲めるといいけれど、
今のところ難しそう。

以心伝心で、こちらが苦手に思うと
あちらも苦手に思うものです。

なぜ苦手に思うのか。

気持ちを分解して
自分で解決していかないと
人間的に深くならないですね。

でも・・・
たぶん一生忘れられないと思う。
この方のコト。

そのくらい、上司との関係って
その人の仕事人生に影響を与える。

上司たるもの
人としての力が一番
求められているのかもしれません。

これも10年くらい前
当時の事業部長から
「上司の人事は部下が決める」
と言われたことがあります。

ダメな上司として
メンバーがついてきてくれなかった時期。
「あの人を外してくれ」
と偉い人に直談判されたことが
あるってことですね(笑)

結構しんどかった思い出です。

そういう直談判って
すぐに上司自身に
フィードバックされることが多い。

部屋に「ちょっと」と呼ばれて
メールのプリントアウトを渡され、
「こういうの来てるけど?
 しっかりしろよ」
なんて言われる。
そして
「後はよろしく」
です。

偉い人に直談判するときは
メールはやめたほうがいいです(笑)

私に先のコメントをしてくれた事業部長は
「部下がついてこないとしたら
 お前が変わらなくてはならない」
とちゃんと言ってくれました。

そして直訴メンバーにも
「こういうことは
 直接本人に訴えるものだ」
と言って突き返してくれたらしい。

この手法は
最後は部下が損をすることが多いです。
上司とはギクシャクするし
逆に叱られるし。
それでも嫌なものは嫌だったりしますが・・・。

苦手な上司にもなったことがあり
苦手な上司もいた私ですが

それでも多くの人との出会いがたくさんある
サラリーマンって素敵だなぁと
しみじみ思います。

4月からの新しい組織やミッション。
ちょっとうらやましい気もします。

☆お問い合わせ・コメントはこちらからお願いします☆
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
contact

上司から教わったこと②

こんにちは。
堂薗です。

東洋経済オンライン、今日アップされてます!
「上司との付き合い方」がテーマ。
永遠のテーマかもしれませんね。

「堂薗姐さんに聞け!キャリア女の人生講座」

親になって初めて
親の気持ちがわかる、とか
大人になればわかる、とか
言われると本当に腹立たしいもの(笑)

私だって若いときは
上司に腹が立って仕方なかったですもん。

昨日は2年目時代の話をしましたが、
今日は4年目のときのことを。
やっぱり苦手だった上司のこと(笑)

愛する師匠のわんこさんが人事に栄転し
はじめて課長がかわって
男性課長がやってきました。
たぶん、2年くらい彼の下にいたと思います。

これもいつだったか
偉い人に言われたんですけどね。
部下が上司に営業同行を依頼するとき
3種類の欲求があるんですって。

「いいアポを取ったから決めてほしいとき」
「自分とお客様がいい関係であることを
 見てほしいとき」
「場が設計されていて
 上司に的確な役割を果たしてほしいとき」

私は2番目のパターンの同行を
その上司に依頼することが多かった。
たぶん、自分の営業を知ってほしかったんですね。

でもその上司はやることがないわけなので
私の隣でボールペンを分解している(笑)
「えええ?信じられない!」
と勝手に怒り狂う私。

ぼろくそ言ってました。
ひどい部下。

そのくせ、他のメンバーと
じっくり打合せしているのとか
気になっちゃう。
「エースは私なのに??」
くらいのこと、思ってましたねぇ。

でも、あるとき・・・
受注したポスターが納品されて
テンション高く広げてみると
写真の方の社章が逆さまになっていたんです!
次の日から交通広告で展開することが
決まっていたし
撮影にも立ち会ったのに・・・

半泣き、半狂乱になり
上司に見せて
「どうしよう、どうしよう」
と言っていたら
その上司、なんと私を怒鳴りつけました。
フロア中に響く大声で!

なんて言ったと思います?

「命とられるわけじゃなし!!」

(笑)

すーっと冷静になりました。
そして腹が立ちました。
「なんにもしてくれないくせに!」と。

そして、すぐに上司の元を離れ
制作の方の元に走りました。
善後策を考えながらもすぐに謝罪にいき
明日からの交通広告展開分は
逆さまのところを切り貼りして修正し
すぐに訂正印刷かけて・・・

怒りながら私はやるべきことを
きちんとひとりで整理できていました。
そしてひとりで処理もできていました。

その上司とはそれからも色々あったけれど・・・
今は、時にすれ違うと
走り寄ってしまうくらい
親近感を感じていますし
機会があったら
無礼を謝罪したいと思うくらい
とても好きなひとです。

いつもいつも感情を爆発させている私を
嫌な顔をせずに見守ってくれて
そして冷静になれる呪文も授けてくれた人。

私も部下が出来てから
なんども言いましたし、
自分にもなんども言い聞かせました。

「命、とられるわけじゃなし」

冷静になれば
次にやるべきことは見えてくる。

これもくっきりと覚えているシーンです。
苦手な上司との思い出は苦いけれど
学びが満載だ、と思います。

☆お問い合わせ・コメントはこちらからお願いします☆
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
contact