カテゴリー別アーカイブ: 子供たちのコト

手加減される…

こんばんは。
堂薗です。

昨晩、我が家は大嵐。
息子が夫にこっぴどく叱られ、
なんとか落ち着かせたと思いきや…
娘があまりに尊大な態度を取り、
夫がいつになく声をあらげて…
もちろん手はあげませんでしたが
かなり厳しく叱りました。

お約束のように
私が部屋に入って
なだめて謝らせようとしていたのですが、
ものすごい態度と暴言で
反抗し続けるもので
今度は私がキレてしまうという…

部屋の外に引っ張り出そうとしたら
思わぬ抵抗にあいまして。
力あるので踏ん張られると
びくともしない。
私が弱いのか…
本気を出そうとしたところ、
娘の手加減を手首に感じました。
しゃーねーなー、まけてやるか、
ママに勝っても意味ないし、
みたいな(笑)

あ、手加減されてる!と気付いて
思わず笑ってしまいそうになったのだけど
娘がすごいタメを作って
私をにらみながら
「うざい」
と吐き捨てるように言ったので
笑ってる場合じゃないと。

意外と冷静になっちゃうもんですねぇ。

しかし、思春期とか年頃とか
関係ないですね、
リスペクトのない言葉は。
絶対に許さないよっていう
毅然とした態度で臨まないと!

娘に手加減されるようになっちゃ
親の威厳もなにもないけど…

せっかく家族そろってる週末なのに
ビミョーな雰囲気の我が家です…

これ、いつまで続くんですかねぇ…

運動会の余韻。

こんにちは。
堂薗です。

昨日は保育園生活最後の運動会。
思えば娘の時代とあわせて
10回参加機会があり、
1回は息子が入院中で不参加でした。

はじまりの体操なんて
ピンクレディなみに普通に踊れる(笑)

今回の息子は
オープニングのソーラン節と
ぶちあわせ太鼓がかっこよかった!
かけっこも1番になりましたよ♪
でも…
リレーは抜かされてしまったんです(笑)
本人は「負けてないからいいじゃん」と
気にしてない態度だったのですが、
私とふたりになったとき、
「ボクが抜かされて悲しかった?」
「抜かされなかったら
 白組、勝ったと思う?」
と涙目でしょんぼり。

「かっこよかったよー♪」
としか言えないけれど
なんだか成長を感じてしまいました。

今日は運動会の余韻で
みんなゆっくりのんびりモードです。
でも、焼き肉モードでもある(笑)

娘の保育園の5歳クラスのときの親子リレーも
家族そろってみてしまいました。

しかしなー。

娘のときは、「おおお」と感動するような
「こんなことできちゃうんだ?」と感じる
競技や種目があって、
みてる方も泣けたものですが、
今は「表現」が主になっていて
微笑ましいけれど泣けない。
指導する先生たちの方針かなー。

上の子がいるママたちとも
「もうちょっとダイナミックでもいいよねぇ」
なんて話してました。

まぁ、本人たちに
「やった感」があるのが一番!
やれやれ、ひと行事終了、と思っていたら
保育園からレターで
「芋ほり遠足のお知らせ」が。
またお弁当、頑張らんといけません。

秋の深まりとともに
娘の小学校、息子の保育園の生活の終わりを
ぼんやり感じ始めて
少し寂しい母なのでした。

マネジャーかよ…?

こんにちは。
堂薗です。

今日は今から
娘の習い事のお当番。
トホホですが、順番だし、
私はちっとも働いていないので
こんなときはちゃんとしないといけません。

そもそも、今日のお当番日程、
「パパでは初めてかもなー」なんて
引き受けてきたのはうちのダンナ。
なのに、
「え???」
なんて衝撃を受けた顔した後に
「失念しておりました」
と頭を下げるダンナでして、
私は口汚く
「まじか?」
とののしってしまいました(笑)
結局あたしがやるんじゃんよー。

昨日はファミリーサポートのお宅に
こどもたちが預かっていただく日で、
お迎えの30分くらい前に帰宅したダンナから
「どっちが迎えにいくか
 じゃんけんしない?
 何回勝負?」
と言われた時は、
冷静に
「あのさ、今週は毎朝私が送ってて
 お当番も失念していて私がやって
 こんなときに、じゃんけんってなぁに?
 いってくるよ、くらいのこと
 言えないのかしら?」
と言い返してやりました(笑)

なに考えてるんでしょ、全く。
腹立たしいけれど、
あの能天気さに救われている部分もあるので
「貸し1つ」ということで。

こどものスケジュール管理も
なんだかとても大変だし
送迎もあるし
こどもふたりで歳の差ありだし。
まるでマネジャーになったような親なのです。

☆お問い合わせ・コメントはこちらからお願いします☆
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
contact