カテゴリー別アーカイブ: 初めての小さなオフィスづくり

オフィスでツーショットの居心地

こんにちは。
堂薗です。

明日は運動会、と言うときに限って
小雨が降り始めました。

きれいに体操服を洗って
送り出してあげたいので
ほんの少しでいいから
お日様が出るといいけどなぁ。

今日はお客様が
オフィスにお見えになり
おこもり仕事になりましたが、
ちいさなオフィスなので
お部屋に遊びに来ていただいたみたい。

早く冷蔵庫が欲しいなー。
熱いコーヒーや紅茶もいいけど
冷たいものも冷やしたい。

初めてだと思うけど
先ほどから、オフィスにダンナも来て
彼もなにやら仕事をしています。
ふたり一緒にオフィスにいて
それぞれが仕事していても
それなりに邪魔にならずに働けてる!と
確認する良い機会になりました!

「ポストイットある?」
「切手持ってる?」
とちょいちょい話しかけてくるのが
困りもんだけど。

まぁいいか。
後少し頑張って
お弁当の材料買って帰ります!

初めての小さなオフィスづくり⑨

こんばんは。
堂薗です。

今日は引越しもあり、
早朝からドタバタでした…。

細かい納品チェックをして
みなさんが帰った後すぐ、
本棚に雑誌サイズの本を置いて
段ボールを分解していると
すごい音が…!!!

振り向いたら
本棚が雪崩を起こし、
ブックエンドが倒れて
納品されたばかりの鏡にひびが………。

新しいオフィスの鏡

ショック…。

でも、ダンナは
それを見ても
「すごい強いブックエンドだねぇ。
 びくともしてないじゃん」
と叱りもせずで
かえって恐縮でした。

弁償しますとも!

ちょうど、電話で話をさせていただいていた
お客様に状況を話したら

「あなたが怪我しなくてよかったわ。
 その方が被害が大きいわよ」
と、そりゃまた前向きな発言が…。

みなさま、ありがとうございます。
こんなドジな私。

明日は率先して片付けなければ……!
少しいい子にします。

☆お問い合わせ・コメントはこちらからお願いします☆
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
contact

初めての小さなオフィスづくり⑧

こんにちは。
堂薗です。

真冬のような天気ですねぇ。
こんな日は、家でコーヒーでもいれて
のんびりしていたいけど…。
そういくわけもなく走り回ってました。
明日は少し暖かいといいなぁ。

こんな天気でも
屋内なのでオフィスの内装工事は進みます(笑)

初めての小さなオフィスづくりは
本当にどんどん進んでいて
明日中に工事はほぼ終了するみたいです!

おとといの工事の風景。

工事中

きっと昨日と今日とで
びっくりするくらい
進んでいるんだろうなぁ。

周辺のオフィスへのご挨拶は
どのようなものを持って
いつ行くのがベストなんでしょうねぇ。
マンションでもあるまいし、ですけど
ご挨拶しないのも変な気がして。
常識的にはどんなもんなのでしょう。

明日は荷物を詰めて
明後日の午前中にはトラックが入ります。
持っていくものもしまうところも少ないので
単身パックみたいなのでも充分なくらい。

引越し屋さんの手配は私がしました。
渋谷のオフィス、自宅、新オフィスのルートで
それぞれが近いので、
4万円+消費税くらいで済みました。
問い合わせを数社したんですが、
見積を出すために下見をしたいと必ず言われました。
また概算で、というと
すごく高めに出してくる会社も。
一番高いところだと15万くらい、と言われたくらい。
段ボールの個数、その他の荷物の大きさ、
こわれやすいものの数と内容、
全部、書き出して送り、
搬出先・搬入先の状況を全部伝えても
「下見をしたい」と言われるのはなぜなんだろう。
その時間を取るのもコストなんだけどなぁ。

事前情報で見積を出してくれ、
段ボールを届けてくれるタイミングで
ちらりと下見をするという融通を
きかせてくれた会社にお願いしました。

オフィスの引越しは
どんなミニサイズでも
自宅の引越しと異なる、
というのはよくわかりますが、
「○○パック」みたいなのに
あてはめようとしたり
「要らない」と言っているものを
強くすすめてくるところは
やっぱり気持ちよくお願いできませんもんね。

小さなオフィスづくりでは、
荷物の搬入も大事なテーマ。
ゴミの回収だって
大きな会社のように後日また、
というわけにもいきませんから
なるだけ一気にできるように。

オフィス家具なんかも、
エレベーターの養生とか
何度もしていたら大変なので
引越と家具搬入が一緒に済むように
諸々の手配と段取りをしました。

お願いした内装コンサルの会社は
館内サインの手配から
内装審査の立ち合いから
本当になんでも先回りして
やってくださいました。
工事の写真を送ってくださったり、
引越しの立ち合いもしてくださるそうです。

コストだけを考えると
自分たちで細分化された作業を
こなしていくのが一番だそうですが、
こういった信頼関係と気配りと、
そういったものはコストには替えられません。

でもやっぱり
総務担当の方がいる会社が
すごく羨ましくなる…。

何から何まで自分たちで決めるからこそ
楽しみも増えるのでしょうが、
ぜいぜい肩で息をしながら
完成の日を迎えるところです!

☆お問い合わせ・コメントはこちらからお願いします☆
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
contact