家庭活躍

おはようございます。堂薗です。

最近の女性活躍の記事を読むと、男性の育休、家庭活躍というテーマが多くなってますね。職場環境はよくなってきているけれど、女性の家事や育児負担はあまり減ってなくて、いわゆるワンオペになってしまってること、それが仕事100%にならない理由のひとつであること。社会や家庭での女性への期待、価値観に、女性自身も縛られてしまうんですよね。解決にはすごく時間のかかるテーマです。まずは、女性たちが仕事でたくさん期待されて、成長を促されることが大事な気がします。そこから始まる気がする。「もっと仕事で成長したい!」と思うからこそ、家庭でも夫と話し合える。こどもに罪悪感を持たずに留守番させられる。夫を変えてから…では、ちょっと時間がかかりすぎるかもしれません。数年分の新聞のスクラップを見直しながら、そんなことを考えていました。

朝から重たいこと書いちゃいました。スミマセン!

今朝のお弁当はぶりステーキ弁当。

長崎フェアで分厚い天然ぶりが売っていて、思わず買ってしまいました!ガーリック醤油のステーキにしました。皮や骨を取り除いてあげましたよー。卵焼き、ほうれん草と人参のコチュジャン炒め、レタスにトマト、ふりかけごはん。キャベツとごぼう、油揚げの味噌汁も持たせました。今日は寒いからなぁ。来週は受験日があって、お休みや短縮授業らしく、ほっとしてましたら、息子の塾弁が始まるようです。どうなることやら。私自身の仕事と家庭の両立の悩ましさもずーっと続いていくのだと思います。