今度はおなか。

こんにちは。
堂薗です。

何かとよく発熱する息子くん。
昨夜、寝かしつけるときまでは
元気で普通で
「エルマーのぼうけん」をたっぷり
読まされて眠りについたのに…。
深夜、寝室に行ったダンナが
「すっごい熱いぞ!」
と驚いて飛び出してきて。

39度超えしてました。
ひとばん、寝付けないみたいで
ずっと動いているので
私はほとんど眠れず。
今朝、熱は微熱になってましたが
診断では「おなかからきてる」そうで
たまごかけごはんとか、
ミディアムレアのお肉とか、
そういうものが原因では、とのことでした。
「食あたり」風に言われると心外だわ…。

今日は病児保育もいっぱいで
仕方なく自宅作業です。

こういうとき、
私の場合は、深夜中に
連絡が必要な方には
「速報」を出しています(笑)
「万が一の場合はこうする」と
お伝えしてお詫びしておく。
朝になってもダメな場合は
その時点で再度、正式にご連絡します。

わかった時点で
「お熱らしいんですよ~、参ります~」
「病児保育、キャンセル待ち2番しか取れず。
 がっくりです」
「預かりどころが見つかったので行けます!」
などと伝えておくと
先方も心構えもしてくださっていることが多くて
急な連絡よりずっとスムースです。
上司時代もこうやって連絡くれるメンバーの方が
ありがたかったかなぁ。

また、前も書いたけれど
会社を休まざるをえないときは
私は昼間はこどもと一緒に寝てしまい、
深夜から仕事することにしています。
「夜勤」ですね(笑)
昼間仕事しようとしても
病気のこどもがずっと寝ていてくれて
静かにしてくれている訳もなく…。
うまく進まなくてイライラしてくるので
観念して、こどもに付き合う。

一緒に昼寝するのが一番です(笑)

その時々の状況によって
前日の夜に頑張るときと
当日の夜に頑張るときとありますが
夜ならダンナに
「仕事を休む分、今夜は頼みます!」
と言っておくと
落ち着いて仕事できたりします。

ワーママ歴11年の私なりのやり方ですねぇ。
どこででも仕事ができるようになって
時代に感謝、ですね!

今夜、仕事を頑張ります!
昼寝もしました!(笑)

さぁ、お粥でも作りますかね♪
季節の変わり目、どうかご自愛くださいませ。